中小企業の業績を左右する社内IT担当者

日本の99.7%を占めるといわれる中小企業ですが、その多くでIT担当者は
「きみパソコン好きみたいだね、やっといて」
って感じで決まっていませんか?

今やITは会社の根幹をつかさどる機能となっています。

考えてみてください。「パソコンが止まってしまう」「身代金型ウィルスに感染して一切のデータが取り出せなくなってしまう」この後の会社のことを。
まず、パソコンを使った業務は全くできなくなります。
パソコンを使った業務は・・・・今やほとんどの業務に少しでもかかわっていませんか?例えば「売上伝票を入力する」「在庫確認をする」ものを作っている会社なら「進捗管理をしている」「原価管理をする」などほぼすべての業務工程においても何かしらパソコンを使うことがあります。それがすべて使えなくなります。ITシステムの停止は会社が停止するのに等しいものです。そんな大切なものの担当者を簡単な方法で決め方をしているのです。
また、中小企業では兼任することがほとんどで、日常業務が忙しく今のトレンドを汲んだITの勉強をすることも大変難しいのではないでしょうか。

「セキュリティソフトが入っているから大丈夫」という言葉をいまだによく聞きます。
セキュリティソフトが入っていても、各種更新プログラムが正しく入っていないとウィルスが動くことが大変多いです。「データのコピーを取られてしまう」(これが実は重要でデータの原本は全く問題がなく、まったく気がつかないことが多いです)「ファイルを書き換えられてデータをロックされてしまう」などセキュリティソフトを入れていても問題は発生します。最近報道される大企業におけるセキュリティ被害はまさにそれです。セキュリティソフトを入れているにもかかわらず、被害にあっています。セキュリティソフトが入ってないわけではなかったのです。更新プログラムを正しく入ってなかったのです。
そんな単純で当たり前のことでも、まだまだ伝わっていません。
正しく理解をしてもらえる人にIT担当者になってもらわなくてはいけません。 

現代のITは、ソフトはグーグルやマイクロソフトなどの汎用的なクラウドシステムを使うことが多く、会社に合った運用方法を社内全体で考える、そんな流れになっています。
そうなると運用方法を考える前に会社の業務をシンプルに図式化し、どの業務においてITを導入すると効率が上がるかよく検討しなくてはいけません。
そのためには、業務をよく理解し、シンプルに図解化できる人の方がIT担当者に向いているのかもしれません。
業務を理解する人がIT担当者になるべきです。
このことから、セキュリティについて柔軟に学習をし、業務をよく理解した人がIT担当者になるべきなのです。
会社の根幹を管理するIT担当者は責任をにない、それに沿った人を必要とします。
皆さんの会社ではいかがでしょうか。
重要な責任のIT担当者の役割、ご理解いただけたでしょうか。