行き違いが発生する言葉「みんな」と「普通」「常識」

「みんなそう思ってる」って思って話することって多いですよね。
口げんかになったときにお互いに「みんなそう思っている」「普通はそうやで」「それが常識」みたいなことを思っています。
「みんな」であったり「普通」「常識」が一致すればそんな口げんかもないのに、どうしても起こっていしまします。
それはなぜでしょうか。
それはお互いに思っている「みんな」や「普通」「常識」が異なっているから。
今まで出会った人も違ったら、出会ったタイミングも違います。
仮に同じ人物でもお互いの関係性によっては、表情や思考、しゃべり方も異なります。
例えば学校の先生、学校で生徒の関係の場合と、自宅の町内会や家族との関係の場合、同じ人物でもその人の印象は全く同じとは言えないでしょう。
そのように、見え方が異なることで「みんな」「普通」「常識」とは異なるものです。
なので相手が考えていることと、自分の考えていることを全く違うという前提で話をしていけば行き違いが発生しにくくなるのではないでしょうか。
些細なことで口げんかが起こります。自分じゃない人物は、すべて自分と違う考え方をしていると考えると楽になります。

2018年3月7日 | カテゴリー : 情報化 | 投稿者 : WEB管理者