顧客満足とはなにか、スーパー銭湯にいたときに感じたこと

先日とあるスーパー銭湯に行ってきました。
予想以上に混雑しており、サウナが満員電車のような盛況でした。
お湯に浸かるのも隙間に浸かるといった感じ、
「これは・・・クレームが上がるレベルでしょう」
と思ったのですが、みんな和気あいあいとした雰囲気でみんな疲れを取りに来たという目的を達成しているようだったのです。
確かに私もこんなに混んでいるのに、疲れるわけでもないし逆に活気をもらった気がします。不思議な感じでした。
今まで超混みのスーパー銭湯に行ったときは「こんな銭湯2度と来るか!!」と思って本当に5年くらい行かないのですが、今回のスーパー銭湯はもう一度違う日に来てみたいと思いました。

この差って気になったのでまとめてみます。
私の場合、銭湯に期待する点は
1.水や洗い場・サウナが汚れていない
2.脱衣場の床がキレイ
3.うるさくない

どちらも汚れについてです。明日への活力をつけるために、汚れや疲れを落としに来ている場所なんで当然の期待だと思っています。
逆に言うとこの2点が満たされれば、混雑は構わないのかもしれないのです。
今回は、たくさんの人が入浴してたにもかかわらず、風呂の水がきれいだった。サウナも同様に汗臭さが気にならないくらいキレイだった。脱衣場の床は頻繁に拭いて大勢の人が服を着たり脱いだりしてもすぐにきれいにしていた。
よって期待する点の1.2.を満たしていたということになります。
また、大きな声を出す人がいなかった、たくさんの人が入浴していたので隣の人への気遣いがあったのかもしれません。これは混んでいるからこその効果があったのでしょう。

最近この3点を満たしているすーぱー銭湯がすごく減ったことに残念でなりません。
サウナが汗臭かったり、脱衣場の床に毛がいっぱい落ちていたりが多いです。
もし1.2.を満たしていたりすると入浴する人が少なく大きな声でしゃべる人がいたりします。
そうして考えると今回の入浴はスーパー銭湯の良い形なのかもしれません。

今回私は一人で伺ったし、いろんな条件で見え方が異なると思います。
今回のようにある一定の不利な条件下でもお客様の求めるものを叶える努力をすれば満足をするし、有利な条件下でも努力を惜しむと満足しないということを再確認する良い機会になったかと思います。